あきらめない根性
 大ピンチになった時、「もうダメだ」と簡単にあきらめるか…。それとも「必ず乗り越えて見せる」と信念を持って立ち向かう根性があるか…。

 戦国の世、義元、大軍で京を目指し尾張領に攻め込み、次々と砦を打ち破り連戦連勝だ。やっとの思いで尾張領を統一したばかりの「うつけ」と呼ばれる二十七歳の新米大名信長は「生きるか死ぬか」の絶体絶命の大ピンチ。義元は上機嫌で桶狭間で悠々と昼食休憩で酒を飲んでいた。信長はこの時ばかりと義元の本陣に決死の覚悟で奇襲攻撃をかけ打ち破った。大ピンチを必ず乗り越えてやるという信長の決死の覚悟とあきらめないという根性が大勝利につながった。

 いつの世も、何事もあきらめないことだ。常に最善の力と工夫に努力すれば必ず予想以上の成果が上がると思うが、なかなかむずかしい。(平成三十年一月二十八)
BACK TOP NEXT